りんごの話

がんばりましょう!!

あっという間に4月も終わりますね。どうも、りんごのとなり代表の飯田です。blog更新しない間に、世間では大変なことになっております。そう、『コロナウイルス』です。最近では感染者が減少傾向にあるもののまだまだ楽観視はできない状況です。色々と生活も大変ですが、もう少し我慢して早く鎮静化するように頑張りましょう。

 

さて、当園では木々たちは順調に生育しております。桃は花もすでに落ち始め、いよいよ実になる準備が始まっています。りんごは少しづつ咲いてきました。温かいのですが夜寒かったり、朝霜が降りたりして脚踏み状態といったところでしょうか。桃も落花しているものの花の咲いている時間が例年より長いです。これが 今後どう影響するか・・・

早く皆様に当園の果物をお届けしたいです。

剪定進めてますっ!!

こんばんは。

今日は一日大変天気が良く、しかもここ長野県でも20度くらいまで気温が上がりました。

おかげで、剪定していると汗ばむくらいでした・・

 

さて、剪定は桃がすべて終了し今はりんごをやっています。りんごも今日2つの畑が終わりました。残り2枚。

最近、充電式剪定はさみを購入したおかげで進みが非常に良いです。剪定しすぎによる、手首やひじの痛みもないです。いやー高かったけどこれは良い先行投資だと思います。周りの農家さんもどんどん導入すべきだと私は考えます(割と真剣に)

効率よく進められて身体にも負担少ない。初期投資のデメリットはあるけど、そこそこ長く使えるし十分ペイできると私は考えています。

今年も皆様に小布施の美味しいりんごや桃をお届けできますように。

 

がんばります!!

 

 

 

 

2020 りんごのとなり始動!!

剪定の道具たち 
よく使うのはこの3つ。はさみ、のこぎり(ピストル型といいます)、長柄のこぎり

始動って、すでに年明けから始動してはいたんですが。。。単純に自分のblog更新がいつもにも増して遅れていただけです。

もし、読んでいただいている方がいらしたら本当に申し訳ないです。

今年こそ!!心を入れ替えて!! 更新をがんばる…予定です(笑)

 

さて、ついに2020になりましたね。THE オリンピックイヤー! 楽しみですね。その反面不安な要素もチラホラ…

『コロナウイルス』が蔓延しているようですね。皆さん、十分気を付けてください。やはり基本の手洗い、うがいが大事だそうです。

マスクを装着するのも効果ありですね。自分を守るだけでなく、他人にうつさない努力も必要です。とにかく早く鎮静化してほしいです。

 

今りんごのとなりは冬季剪定をしております。まずはりんごの木から。陽があたりやすい、薬がかかりやすい、作業しやすいの3原則を頭の隅に入れて取り組んでます。冬場は剪定のバイトもあったりして、近くの畑の木を仲間と切らせてもらってます。仲間といえどみな私より経験が豊富なので教わりながらバイトできる、まさに一石二鳥。

あまりバイトばっかり行くと自分の園が終わらないかもなので、ほどほどにしないとね(笑)

 

 

 

 

 

りんごのとなり 完売御礼!!

おかげさまですべての果物が完売致しました。

ひとえに応援してくださった皆様のお力添えによるものです。

本当にありがとうございます<m(__)m>

 

桃から始まり、最後のりんごサンふじまで長いようであっという間でした。

今年は独立1年目で、計画していた作業プランよりも遅れが目立ち、後手後手になってしまうケースが散見されました。

また、果物の品質でも、商品にならないようなものも数多く見られ、来年度に向けての課題も確認できた初年度でした。初年度にしてはそこそこの滑り出しかな。。。なんて思っていますが、里親さんから見たら『なにやってんの?』というレベルかもしれません(笑)

来年度は桃もりんごも少し畑を広げます。あまり広げすぎても手が回らなければ結果時間を食うだけで意味がありません。

ムリせず、徐々に進めていきたいと思います。

 

お買い上げくださった方から『美味しかった』とか『初めて食べてりんごが好きになった』など嬉しいコメントを電話やメールでいただけることが

多く、本当に力になります。

また、品質についてのお怒りメールなどもいただきました。これも非常にありがたい話です。嫌なことを進んでしてくださっている、しかも私のために・・・

いただいたご意見は来年度の計画に盛り込み、活かせるように家内と色々相談中です。

 

来年はもっとより多くの方々と当園の果物を通じてつながれますように。

今後とも末永くよろしくお願い申し上げます。

 

りんごのとなり代表 飯田龍彦

 

 

 

 

収獲 すべて終了しました

おかげ様ですべての作物の収獲が終わりました。最後はりんごのふじなんですが無事終了。

反省点として、ちょっとスタートが遅くなってしまったかなと。あんまりはやく採ることはしませんがほんのちょっとだけ遅くなったかも。

 

でもぎりぎりまで粘ってくれたりんごたちは何処へ出しても高評価。『こんな美味しいりんご、食べたことない』なんてコメントもいただくことができました。

農家みょうりに尽きるとはこのことですね。

 

お買い上げいただいた皆様、本当にありがとうございました。

 

また来年もよろしくお願い致します。

 

 

りんごのとなり

代表 飯田龍彦